■プロフィール

katoyoko

Author:katoyoko
阪神_北摂間に店舗展開する株式会社ウィル(ウィル不動産販売)で働く30歳の女性営業マン。

伊丹営業所勤務の際に開設し、「伊丹市の女性営業マン日記」と題しておりましたが、現在は、ハウジングステーション宝塚展示場というところで勤務しております★

現在、不動産営業8年目。
自身の真価を生み出すべく、働いております。

好きなもの:お酒、ごはん、エステ、マッサージ、宝塚歌劇、花畑、螺鈿、アウトドア

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
高校球児にありがとう
昔の彼氏に
「お前と付き合うのは“飼い犬を放し飼いしている感覚”」

と言われました加藤です こんにちわ

私をより理解するための解説
○すぐに、仕事とか趣味とか好きなことをしに、ひとりで外に走っていく
○定期的に走って帰ってきて、よしよししたり、ご飯をとあげたら喜んで、すぐまた外に走っていく
○帰って来なくなることはなくて、フリスビー投げたらちゃんと持って帰ってくる
からだそうです。


最後に総まとめとして放たれた言葉としては、
「犬を放し飼いできる感覚になれる人を見つけたら良いんじゃやない?」

でした。

いやー名言ですね


** ** ** ** **** ** ** ** **** ** ** ** **** ** ** ** **


さて、以前の日記の続き。
白熱の展開の試合の末、関学球児の夏が、終わりました

仕事を抜けることは結局できず、
(当然です仕事中です
移動中だったので試合の一部のみラジオ観戦

8回裏守備のゲッツーから犠牲フライで追いついた9回表の攻防のあたり、
私、泣いてました。
その場面で泣いてたのしかもひとりで運転中に
って感じだと思いますけど、わたくし、泣いておりました
なんなんでしょうねこの涙の出る感覚って

なんか、こう必死な姿って本当に素晴らしいですよね。
必死な人の姿が、自分の心の琴線のどこかに触れてるんだと思います。

私も必死に生きようと思いました

ありがとう関学の球児たち。

高校球児の姿に一度でも涙を流したことのある人はクリックお願いします



宝塚市の一戸建て



*余談です。* | 22:33:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。