■プロフィール

katoyoko

Author:katoyoko
阪神_北摂間に店舗展開する株式会社ウィル(ウィル不動産販売)で働く30歳の女性営業マン。

伊丹営業所勤務の際に開設し、「伊丹市の女性営業マン日記」と題しておりましたが、現在は、ハウジングステーション宝塚展示場というところで勤務しております★

現在、不動産営業8年目。
自身の真価を生み出すべく、働いております。

好きなもの:お酒、ごはん、エステ、マッサージ、宝塚歌劇、花畑、螺鈿、アウトドア

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パスタと脳の話

結婚ブームは25歳と29歳に来ると聞き、
その後半の波に乗れることを祈ってやまない加藤(25歳)です
こんにちは

先日、会社の研修後に、営業所の女3人でパスタ屋さん五右衛門に行きました
伊丹店は伊丹市鴻池にある数少ない路面店で、駐車スペースもたくさんあります。
10時半まで営業してるそうです夜の高カロリー摂取を拒まない方は是非

ここから先、写真をたくさん撮ったのですが、携帯が壊れたためデータが全て飛んでしまいました

カロリーが超高そうなパスタをむしゃむしゃと食べ、ドリンクを飲み、
ダイエット中だと言ってデザートを拒否するもえぎたんの訴えを無視して3人分注文したデザートを食べ、
デブまっしぐらブヒ

女数人で集まると、ほぼ100%の確立で、グータンが始まりますよねぇ
女性特有の、なんの取りとめも結論もない、恋愛話などで盛り上がる時間あー楽し

男との脳と女の脳って違うって話はよく聞きますが、こんな話があるそうです。

男は結論の生き物で女は共感の生き物

古代、
男は狩りをして、大きい獲物を狩った人が1番称えられた。
女はムラの中で生きていくために、周囲との調和を保たなければならなかった。

かららしい

なるほどーーーと思いました。

彼女や奥さんと話していて、
彼氏や旦那さんと話していて、
異性の友人と話していて、


「で、何が言いたいん
「そういう問題じゃなーい

みたいなことって、結構よくありませんか?

語弊があるといけないので書いておくと、
もちろん脳の仕組みが全てではないと思うし、
その場に合ったやり取りをするべきだとは思います。


これに当てはめて考えると結構しっくりすることが多いなーとも思うんです

だから、男も女もその違いを理解して、
お互いが会話するときは歩み寄れたら良いなーとか思います。

女は(違和感があっても)結論から話し、結果にこだわる努力
男は(どうでもよくても)共感して話を聞いてあげる努力


是非、お試しあれ

試してみたいと思ったらクリック


宝塚市のマンション

***女性営業マンとして*** | 19:51:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。